うさぎの抱っことトイレのしつけ

うさぎは基本的に抱っこを嫌う子が多いです。

ですが、うさぎに安心してもらえるようになれば
抱っこすることができるようになります。

そもそもうさぎが抱っこを嫌がるのは当然で
本来はうさぎが宙に浮くのは肉食動物に捕食された時だけ
だったので怖がるのは習性の一つです。

でも、飼いウサギとして育てていくには、
グルーミングや獣医さんに診てもらう時など
暴れてしまうようだと危険です。

だからこそ、時間がかかってもいいので
抱っこができるようにうさぎに慣れてもらいましょう。

抱っこのしつけポイント

1、餌をご褒美で与える

抱っこを嫌がるかどうかは品種や個体差によって
かなり違いますが、嫌がる子の場合には抱っこが出来たら
おやつをあげるといいでしょう。

抱っこされることは怖くないと覚えてもらうことで
少しずつ慣れてくれるでしょう。

2、暴れるようなら目隠しをする

基本的に抱っこを嫌う個体が多いので
抱っこをしている時に暴れるうさぎはたくさんいます。

そういう時には手の平でうさぎの目隠しをします。
これをすると落ち着いて暴れなくなりますよ。

3、少しずつ慣れさせること

基本的に抱っこが好きではないうさぎがほとんどなので
抱っこを慣れさせるために最初は短い時間で抱っこします。

この時に暴れそうになったら目隠しをしてみて下さいね。

急に離してしまうと「暴れることで抱っこから解放される」と
うさぎは覚えてしまってあとでしつけが難しくなります。

トイレはしつけできるの?

うさぎはトイレのしつけをすることができます。

野生の穴うさぎも同じ場所でトイレをする習性がありますが、
飼いうさぎも個体差があるのでなかなか覚えれない子もいますが、
覚えると同じ場所でトイレをしてくれます。

たまに失敗したりもしますけど(^^)/

トイレを覚えてもらうポイント

・尿の臭いで覚えてもらう

ケージ内にトイレ用のトレーを設置して、
トイレに尿がついたティッシュやトイレ用の砂を置くと
「ここがトイレ」と覚えてくれます。

・トイレをしそうだと思ったらトイレ用のトレーに

だいたい排泄をする時にはしっぽが少し動いたり
そわそわしたりします。尿を出しそうだと思ったら
ケージ内のトイレに移動させましょう。

もし他のところでトイレをしてしまったら、
消臭スプレーなどを使ってふき取りましょう。

臭いを消しておかないとそこをトイレだと覚えてしまいます。

・うまく出来たら褒めてあげる

うさぎはおでこのあたりや背中を撫でてもらうと
喜びます。やさしく撫でて「よくできたね」と言ってあげましょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ