ミニレッキスの性格や大きさなどの特徴

名前:ミニレッキス
原産国:フランス
体重:1400g~2000g

・ミニレッキスの歴史

ミニレッキスはスタンダードレッキスと小型のネザーランドドワーフを
交配することでできた品種です。

うさぎ専門店やペットショップでもよく見かけるうさぎです。
短毛種のうさぎですが、光沢があって柔らかい毛質やうさぎらしいフォルムに
人気が出ているうさぎです。

毛並みはベルベットに例えられるほどで非常に上品な毛触りだといえます。

ネザーランドドワーフやホーランドロップに比べると少し大きいですが、
少ないスペースでも十分に飼うことができる人気の品種です。

・ミニレッキスの特徴とカラーバリエーション

ミニレッキスは日本よりもアメリカでは特に人気で
ブリーダーが多くいる品種です。

近年では、日本でも毛並みの美しさやうさぎらしい
体型と十分に室内で飼うことができることから人気が出ています。

ミニレッキスの性格は個体差はあるものの、
すごく懐きやすい個体が多いです。

餌をあげる時に名前を呼ぶというしつけをすれば、
名前を呼んだだけで走ってくることもあるようです。

短毛種であり、足の裏の毛も短いためうさぎの足の病気である
ソアホックになりやすい品種です。

そのため足に良い床材選びが必要となります。

一方で毛が短いことで日々のブラッシングなどは比較的楽だといえます。

毛の色を表すカラーバリエーションは豊富です。

カラーバリエーションの例:ブラック、ブロークンブラック、
オレンジ、ブロークンオレンジ、
、オパール、ブルー、リンクスなど。
その他に様々な色があります。

現在はペットショップ、うさぎ専門店、個人のブリーダーがたくさん
いますのでお気に入りのうさぎを見つけやすいでしょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年5月17日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:うさぎの種類

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ