夏と冬~季節ごとのうさぎの飼い方と注意点

人間は季節によって着る服が変わったり、室温によって
エアコンをつけて温度調節をしたりと過ごし方が変わります。

きっと春と秋は過ごしやすいという方が多いと思いますが、
これはうさぎにも当てはまります。

春と秋の飼い方と注意点

うさぎにとっても春と秋は温度から見て過ごしやすい季節といえます。

ただし、注意点としては昼夜の温度差にだけは気をつけておきましょう。

季節の変わり目の温度差は人も体調を崩しやすいですが、
うさぎも同じなのです。特に子うさぎや高齢のうさぎなどの
場合は細心の注意をしましょう。

換毛期は季節の変わり目でおこるので
しっかりとブラッシングをしてあげます。

特に長毛種のうさぎの場合は大量の毛が抜けるので大変ですが
こまめなブラッシングで毛球症の予防を行いましょう。

夏の飼い方と注意点

うさぎにとって梅雨の時期や夏はもっとも厳しい季節です。
それは湿度や暑いのにとても弱いからです。

この時期はケージ内を特に綺麗に保つようにしましょう。
雑菌が発生しやすいですし、食べ物なども腐りやすい季節だからです。

温度調節については、ケージを直射日光の当たらない
風通しのいい所に設置して調節のためにエアコンを使用します。

この時にエアコンからの風が
うさぎのケージに直接いかないようにして下さいね。

また、エアコンだけでなくケージ内に設置できる冷却パネルや
マットなどを使用することでうさぎにとって快適な環境を作ることが
可能です。

冬の飼い方と注意点

うさぎは梅雨の湿度や夏の暑さだけでなく
冬の寒さにも弱い動物です。

寒さ対策をしておかないと夏と同じでうさぎの健康に
大きな影響をもたらすだけでなく生命の危機にもなります。

冬はケージの周りを段ボールなどで囲んだり、
毛布をかけたりするのが効果的です。

また、設置場所は窓から離れた場所において
隙間風がこない場所に設置します。

夏の冷却マットなどと同じで冬にもケージ内に設置できる
冷暖房グッズがあります。それはペット用のヒーターです。

うさぎがよく休んでいるところにヒーターを設置してあげます。
すると寒い時はヒーターの上にいるし、暑い時には離れます。

すのこの一部分にだけヒーターを設置して他の場所はヒーター
を設置する必要はありません。暑い時の逃げ場が必要だからです。

まとめ:
うさぎも人と同じで温度によって環境を変えてあげないと
健康に影響が出ますし、生命の危機にもなりかねません。

自分の飼っている大切なうさぎにとって快適な環境を作ってあげましょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ