うさぎの数え方の由来と理由は?

なぜ、うさぎの数え方は「一羽、2羽」なんでしょうか?

実際に辞書でもうさぎの数え方は1羽、2羽と書いてあります。 

私は疑問を持っていましたがうさぎを飼い始めた時に調べてみました。

調べていくうちに分かりましたが、
うさぎの数え方については疑問を持っている人が多いようです。

この記事ではうさぎの数え方の由来とその理由について紹介していきます。

うさぎをなぜ羽と数えるのかについては
いくつかの諸説があることが分かりました。

・肉食が禁止されていた時代までさかのぼると

宗教的なことによって獣の肉を食べれなかった僧侶が鳥と
みなしたという説があったり、江戸時代の徳川綱吉が行った
生類憐みの令では動物の肉を食べることを禁じていました。

そんな時にどうしても肉を食べたかった
人達がうさぎは鵜、鷺、(う)と(さぎ)という事で鳥ということにしたという説です。

なんと獣ではなく鳥とみなして食べようとしたそうです。

・大きくて長い耳が鳥の羽に似ているからという説

こちらは鎌倉時代の武士が考えてうさぎを鳥とみなしたという話です。
あまりにも無理があると思いますが、、、

この説が有力だと言う方もいます。

・狩猟方法が鳥と同じ?

かつて猟師が鳥と同じ捕まえ方で網を使いうさぎを
捕まえいたことで数え方を同じにしたという説があります。

歴史的に長い間、うさぎは人々にとっての食用としての
扱いをされてきたことから数え方や呼び方は1羽、2羽とされています。

しかしながら、現在では羽ではなく匹で数える人も
増えていて他の小動物と同じ呼ばれ方をしています。

ですが、うさぎ専門店やブリーダー、うさぎを好きな人達は
羽でも匹でもなく頭で数えている人が多いです。

これはうさぎの事を大切に思う気持ちから頭という
数え方をする人が増えたといわれています。

うさぎ好きな人に羽や匹の数え方で
話すと悲しい気持ちにさせてしまうこともあるので気をつけましょう(^^)/

タグ

一匹飼いと多頭飼いについて

うさぎを飼おうとする人の中で
飼い主が仕事へ行ったり外出している時間は
うさぎが寂しいのではないかと心配する声をときどき聞きます。

これはうさぎが寂しがりやだという話が広がっているからだと思います。

「ウサギは寂しいと死んでしまう」という話がありますが、
まったくの嘘です。

むしろ、狭い空間でうさぎを多頭飼いすると
激しいケンカになったり、ストレスを溜めてしまいます。

うさぎはとても縄張り意識の強い動物です。
メス同士だとケンカせずに仲良く生活できることもありますが、
オスとオスの場合にはかなり激しいケンカをします。

実際に同じケージ内でメス同士が仲良く生活できた
例を私自身見ていますのでオス同士に比べたらケンカはしにくいといえます(^^)/

ただ、基本的には同じケージで飼うことはおすすめできません。

「1匹につきケージは1つ用意」することが
一番うさぎにとってストレスを感じずに済む環境だからです。

また、多頭飼いをする場合にはオスとメスを飼う場合、
去勢や避妊の手術をしておかないと赤ちゃんができてしまいます。

2匹以上の多頭飼いは1匹飼いよりも知識が必要なので、
うさぎを初めて飼う人は1匹から飼いましょう。

まずは、1匹飼ってみてうさぎという生き物に慣れて
飼い方や育て方をしっかり覚えましょう。

複数のうさぎを飼う場合にはそれだけ広いスペースも必要になります。

一方で1匹飼いの場合には少ない飼育スペースで飼えるので
多頭飼いは飼い方や育て方に慣れてからにしましょう。

タグ

このページの先頭へ